貯水槽清掃・付帯設備工事・定期メンテナンスなど貯水槽に関することならなんでもお任せください!

ページメニュー

閉じる

貯水槽清掃について

貯水槽清掃の必要性について

東京の水はここ数年でとても綺麗になっていて、ペットボトルになっているくらいです。
ですが、水を貯めておく貯水槽が汚いとどうでしょうか?せっかくの綺麗な水が汚れてしまします。

きちんと貯水槽清掃をしていないと、錆がたまって赤水の原因になったり、異臭がしたり水の味が不味かったりしてきます。定期的な貯水槽清掃と水槽の点検・水質検査で安全で美味しいお水を供給しましょう!
貯水槽清掃・受水槽清掃は東京都でも法律があり、定期清掃が義務付けられています。
ビル・マンションのオーナー様、管理組合様ぜひチェックしてみてください。

現在の貯水槽清掃業者に満足していますか?
貯水槽の不具合の指摘や改修提案をしてくれていますか?

貯水槽清掃と言っても、作業に当る側の心持ち一つで内容が大きく変わります。
さてどう変わるのでしょうか?

  • 清掃掃除して元通り動く様に復旧する
  • 点検清掃点検し不具合・兆候ありは
    キチンと報告し改善提案する

この違いは非常に大きいです。
指摘報告すると言う事は「今までの経緯を聞かれる」という事だからです。
今になって錆が発生したのか?前回はどうだった?
設備に目が届いていないと、コレを聞かれた時に困ってしまいます。
だから、余計な指摘はせず「清掃」だけ実施するのかもしれません。

エコルは「点検清掃」を行います
壊れていなくても兆候はキチンと指摘します。
きちんとした説明を行う事が信頼に繋がると思っているからです。
さて、今回の写真はそんな貯水槽清掃時に指摘・改善提案した案件です。

貯水槽清掃事例

10年放置した貯水槽です。現在は法律で定められており1年に1度の貯水槽清掃が義務付けられています。
井戸水を貯水槽に貯めて使っておりましたので、通常の飲み水よりも汚れてしまっていました。

  • 貯水槽清掃前画像

    貯水槽清掃前 貯水槽の底に錆などが沈殿しています

  • 貯水槽清掃後画像

    貯水槽清掃後 錆などは取り除き、清掃して綺麗にします

  • 貯水槽清掃前画像

    貯水槽清掃前 貯水槽の壁面が水垢で汚れています

  • 貯水槽清掃後画像

    貯水槽清掃後 水垢を清掃除去し綺麗にします

[事例1]
  • 電極棒が短かすぎるための不具合

    満水検出用電極棒が短かすぎる(不具合により水が溢れても気付く事ができない)

  • FMバルブの劣化

    FMバルブの劣化(給水停止に時間が掛かり過ぎボールタップが水没)

  • バルブとコートニップルの間で発錆垂れ跡

    バルブとコートニップルの間で発錆垂れ跡あり(腐食が進み欠損し易い箇所)

いずれも致命的な不具合(故障)にはなっていませんが、しっかり報告させていただきました。

[事例2]

貯水槽清掃に伺った際、ポンプの吐出配管でジワジワと漏水している場所を発見しました。
(調査の結果、バルブ接続部で配管ネジ部が腐食)

  • 漏水箇所 床面に漏水跡

    漏水箇所 床面に漏水跡

  • 漏水箇所 バルブねじ込み部

    漏水箇所 バルブねじ込み部

貯水槽清掃では、清掃だけでなく点検が非常に重要になってきます。
貯水槽設備としては、大きく分けて7つあります

  1. タンク(貯水槽)本体
  2. タンク(貯水槽)構成部材(通気管・ボルトナット等)
  3. 給水設備(定水位弁やボールタップ・タンク周辺配管等)
  4. 給排水制御等電気設備(電極や制御リレー)
  5. 排水時・溢水時に必要になる排水ポンプ
  6. 給水ポンプ・揚水ポンプ
  7. タンク(貯水槽)設置場所により換気設備も重要(見落としがち)

タンク(貯水槽)内の清掃を行うだけでなく貯水槽全体を細かくチェックすることで、上記の殆どが簡易点検できます。

エコルは「ただの掃除」はなく『点検清掃』を志します。
壊れた物を焦って直す「事後保全」ではなく『予防保全』を目標とします。

[事例3]受水槽災害用水栓取り付け工事

災害時(大地震発生時)に停電が起きると、受水槽から水を供給できなくなり、電気が復旧するまでは断水になってしまいます。また地震の大きな揺れで受水槽の水を送り出すポンプに異常が起きてしまうと、電気が復旧しても水が供給できない状態が続いてしまいます。
災害時にまず必要になってくるのは、飲料水です。そんな時に飲料水を貯めておく受水槽から直接お水が汲めるように、受水槽の排水用のバルブ周辺の配管を工事し、蛇口を取り付けることにより、受水槽に溜まっている水を使う事ができるようになります。

この蛇口は災害時に取り付けるのではなく、常時配管に付いており、緊急時に使用する際には、バルブ操作を行なう事で、タンク内のお水をご使用頂けます。

  • 受水槽災害用水栓取り付け工事前
  • 受水槽災害用水栓取り付け工事後
[事例4]貯水槽内防錆キャップ取付工事

受水槽内の塩素が槽内の鉄部を錆びさせるのですが、今回はボルトナットが錆びていました。
ボルトナットはパネルタンクを構成している部材で、錆びると水槽の耐久度に繋がっています。
防錆キャップの取付は、まず、大まかに錆びている箇所を削り、錆で膨らんでしまったボルトナットを小さくする必要があります。
その後、防錆キャップに飲料水用のシール剤を充填し、固定していきます。
ボルトナットは耐久性に繋がっているので、錆を落とす場所、力の入れ具合などポイントはいくつもあります。

  • 貯水槽内防錆キャップ取付工事前

    防錆キャップ取付工事前

  • 貯水槽内防錆キャップ取付工事後

    防錆キャップ取付工事後

[事例5]タンクマンホール部欠損補修作業

貯水槽の中をどんなに綺麗にしていても、貯水槽蓋部分に亀裂・欠損がある場合は、そこから、ゴミや虫が中に入り、貯めてある水を汚してしまいます。
亀裂・欠損が見つかった場合は、早めに処置をおすすめします。

  • タンクマンホール部欠損

    貯水槽タンクのマンホール部に亀裂・欠損が発見されました。

  • 亀裂の周辺を研磨・下地調整

    亀裂の周辺を研磨し、下地を調整します

  • 補修材であるガラスマットを特殊な硬化剤を浸透

    補修材であるガラスマットを特殊な硬化剤を浸透させ、補修箇所に貼り付けます。

  • 内部補修

    外部だけでなく、内部も補修を行ないます。

[事例6]電極棒の交換工事

電極棒は水位異常(満水・減水)や揚水ポンプの運転制御に関わる重要な部分。錆が酷いという事は・・・

  1. 根元で破損しやすい→水位異常を検知できない、ポンプが動かない等で大事故に
  2. 水槽内に錆が落ちる→水質を汚染する
  3. 膨れた錆同士が接触して誤作動を起こす

という状況になりやすいという事。

貯水槽清掃を定期的に行っている現場で、そろそろ危険な状態(掃除してて触るのが怖いと感じる)だったので報告・改修提案の上、交換工事を行いました。

「壊れたら直す」では事後処理。事故が起きた後の話です。
「壊れる前に改修する」のは予防保全。

その不具合の兆候がどのような事故に繋がるのかを知っている。それもエコルの強みの一つです。

  • 水位異常(満水・減水)や揚水ポンプの運転制御に関わる電極棒(交換前)

    電極棒の交換前

  • 水位異常(満水・減水)や揚水ポンプの運転制御に関わる電極棒(交換後)

    電極棒の交換後

  • 新しい電極棒と古い電極棒の比較画像

    新しい電極棒と古い電極棒

[事例7]FMバルブ(定水位弁)の交換工事(主弁・副弁)

主弁:貯水槽(受水槽)に水道管から水を入れる役割をしています。
副弁:貯水槽内部の水量をチェックしている物。副弁の上下により主弁から貯水槽に水が送られてきます。

FMバルブの故障は、本体内部のパッキン劣化・シャフト錆膨れ・パイロット管(副弁用配管)内の錆閉塞が原因の殆どです。
今回は主弁内部劣化による止水不良で満水警報が発報。交換修理に至ってます。
もう少し錆詰まりが酷くなると、部品劣化だけでなく錆閉塞による不良も出ていたかもしれません。

FMバルブは実際に不具合が出ない事には、外観判断では中々交換提案しにくいものです。
だからこそ設置年数を把握しておき、動作確認位は定期的に行っておく事をお勧めします。

今回は貯水槽清掃をした際に不具合を見つけ、提案して工事に至りました。

  • FMバルブ(定水位弁)の交換工事(主弁・副弁)交換前主弁

    交換前の主弁

  • FMバルブ(定水位弁)の交換工事(主弁・副弁)交換後主弁

    交換後の主弁

  • FM主弁上部側の配管接続部

    FM主弁上部側の配管接続部

  • 主弁のネジこみ部分

    モゲてしまった主弁のネジこみ部分。
    錆が凄いです(発錆と折れ残った配管)

  • 貯水槽内部の副弁交換前

    貯水槽内部の副弁交換前

  • 貯水槽清掃内部の副弁交換後

    貯水槽清掃内部の副弁交換後

[事例8]貯水槽塗装の作業

屋外設置のFRP製の水槽は長い年月でパネルが表面劣化してしまいます。
そうなると、貯水槽の美観が失われるのはもちろんですが、表面劣化でガラス繊維が剥き出しになり飛散します。
そして一番怖いのが、光が貯水槽内に透過する事により飲料水の為のタンクにも関わらず、苔が発生してしまうのです。

  • 貯水槽塗装の作業前

    貯水槽塗装の作業前 風雨にさらされて、ガラス繊維が露出しています

  • 貯水槽塗装の作業後

    貯水槽塗装の作業後 劣化をおさえ、美観も向上します

  • 貯水槽塗装の作業前

    貯水槽塗装の作業前 天板面は、特に劣化がはげしいです

  • 貯水槽塗装の作業後

    貯水槽塗装の作業後 塗装をすれば内部の藻の発生も防止します

表面劣化は目で見て分かりますので、是非一度確認してみる事をお勧めします。もし判断が付きにくいようでしたら、専門家のいるエコルにご相談下さい。

※FRP…グラスファイバー(ガラス繊維)などの繊維をプラスチックの中に入れて強度向上させた材料の事です。

[事例9]貯水槽蓋のパッキン取替え

貯水槽の蓋のパッキンが剥がれてしまっていたので交換をしました。
蓋のパッキンが弱っていると、雨水が入ってしまったり、小さな虫やゴミなどが、貯水槽内に入り込む可能性があります。
きちんと密閉して、安全で綺麗なお水を貯めておきましょう!

  • 貯水槽蓋のパッキン取替え前

    貯水槽蓋のパッキン取替え前 パッキンが剥がれています

  • 貯水槽蓋のパッキン取替え後

    貯水槽蓋のパッキン取替え後 新品のものに交換しました

貯水槽清掃料金表

貯水槽容量 料金 単価
10t まで \60,000 \6,000
15t まで \75,000 \5,000
20t まで \80,000 \4,000
25t まで \82,500 \3,300
30t まで \84,000 \2,800
40t まで \91,000 \2,600
45t まで \99,000 \2,200
50t まで \100,000 \2,000
60t まで \114,000 \1,900
70t まで \126,000 \1,800
貯水槽容量 料金 単価
80t まで \136,000 \1,700
90t まで \144,000 \1,600
100t まで \150,000 \1,500
150t まで \210,000 \1,400
200t まで \240,000 \1,200
300t まで \300,000 \1,000
400t まで \360,000 \800
500t まで \350,000 \700
1,000t まで \650,000 \650
以上別途算出
  • ※平成20年10月現在
  • ※作業終了後、写真帳を添えて報告書を提出いたします。
  • ※夜間作業料金は、50%増となります。
  • ※貯水槽の塗装・修理などについては別途見積りとなります。
  • ※「貯水槽容量」は、受水槽と高架水槽のt数を合計したものです。
貯水槽清掃のポンプ交換.jp

運営:エコル株式会社
〒113-0034 東京都文京区湯島2-10-10

会社概要

お問い合わせはこちら
0120-88-6351

平日9:00~17:30 日、祝日除く

03-5800-2745
メールでのお問い合わせ
ポンプ交換・貯水槽清掃 見積り無料
事業登録
  • ビル管理法貯水槽清掃事業登録 都2貯第4978号
  • マンション管理業 国土交通大臣(1)第033410号
  • 東京都指定給水装置工事事業者第7905号 「東京都指定水道工事店」
  • 一般建設業許可 東京都知事(般-10)第108992号
加入団体
(社)全国ビルメンテナンス協会 (社)東京ガラス外装クリーニング協会
(社)東京ビルメンテナンス協会 (中)日本ダクトクリーニング協会
主なサービスエリア東京23区その他エリアもご相談ください
  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 新宿区
  • 文京区
  • 台東区
  • 豊島区
  • 墨田区
  • 江東区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 北区
  • 荒川区
  • 板橋区
  • 練馬区
  • 足立区
  • 葛飾区
  • 江戸川区
  • 大田区
ポンプ交換.jp 強化地域
  • 湯島
  • 本郷
  • 小石川
  • 上野
  • 千駄木
  • 日暮里
  • 小川町
  • 神保町
  • 秋葉原
  • 御茶ノ水
  • 神田
  • 飯田橋
  • 市ヶ谷
  • 水道橋
  • 神保町
  • 九段下
  • 日比谷
  • 丸の内
  • 銀座
  • 有楽町
  • 新橋
  • 大手町
  • 日本橋
  • 八重洲
  • 京橋
  • 八丁堀
  • 赤坂見附
  • 麻布
  • 西麻布
  • 青山
  • 表参道
  • 虎の門
  • 神谷町
  • 麹町
  • 平河町
  • 紀尾井町
  • 三崎町
  • 人形町
  • 西片
  • 一番町
ページの先頭部へ戻ります